5D's153 & 154話

リアルタイムで見られなかったのが本当に残念なくらい、良い最終回だった。

新カードでサポートしながら歴代主力モンスターをぶつけ合い、最後の最後にジャンク・ウォリアーで締めるなんて綺麗じゃないか。
スターダストを取り戻す前のエースカードではあったものの、基本的には2300のバニラとしてかませ犬的な扱いを受け続け、相次ぐ新シンクロに出番を取られていき、あまつさえ高レベルシンクロの踏み台にまでされたジャンクさんが、自身の効果を遺憾なく発揮して(攻撃力5500って何気に自己ベストだよね?)、一番おいしい場面で、他の誰でもないレッド・デーモンズ・ドラゴンを倒して決めてくれたよ。かっこいいよジャンクさん!

デュエル以外にも目を向けると、メインキャラだけでなくサブキャラにもしっかり出番を与えてくれたというのが嬉しいね。
懐かしのサテライト組、ジャックの取り巻きさんたち、出番は少ないものの鬼柳さんやシェリーさん、ボマーさん。そして第1話で戦った牛尾さんを最後に持ってくるという演出がまた素晴らしい。
あと、鉄三じいちゃんが作ったスターダストの銅像が映るシーンが地味に嬉しかったり。

さて、来週だか再来週だかからはもうゼアルが始まるんだね。思えば、3年間なんてなんだかあっという間だったよ。
ゼアルの明るめな世界観・軽めで親しみやすそうなノリに期待しつつ、これまで同様に感想でも書き続けようかな。軽めのノリで。
UMAこと遊馬くんの主力モンスターの名前がことごとくアレなのが気になるけど、まぁそのうち慣れるだろうし。

本音を言えば、「やさしい死神」やその続編シリーズなんかがアニメ化してくたり・・・いや、ないか。まずは書籍化から・・・いや、ないない。
そんなに動く遊戯くん達を見たければ、劇場で満足してくれってか。

5D's152話

アキさんが高校卒業を間近に控えているという描写から、今までの話から2年後ということでいいのだろうか。
遊星・ジャックのデッキがだいぶ変化しているのも、きっとその2年間での成長を示唆しているんだよね。
さすがにエースカードのスターダストとレモンは半ば彼ら自身のアイデンティティでもあるから、変わらず採用し続けているのは嬉しい限り。

デュエル開始早々現れたエースドラゴン2体は、光の封札剣を喰らったかのように、3ターン後の「未来」まで除外されてしまった。ここからは2年間の成長の集大成として、既存・オリジナルのカードをまじえて戦っていくんだろうね。
フォーチュンカップ決勝やスタバ付録のオリジナルDVDの時のように、スターダストとレモンが魔法・罠の補助を受けながら何度もぶつかり合う展開にも期待していたんだけど、それは3ターン後までおあずけかな。割とあっさり決着がつきそうな感じだけど。

まだ2ターンしか経っていないデュエルの感想はこのくらいにして、成長した各メインキャラについてもそれぞれ一言。


○遊星
海馬コーポレーションらしき企業に就職、2年でいきなりチーフに。さすがです。
イェーガーからの賛辞をはにかみながら受け取るシーンが、相変わらず彼らしいというかなんというか。
あと、ちょっと身長伸びた?

○ジャック
ニート同然だったジャックについに内定が!やったねジャック!
やっぱりこの人の天職はデュエルなのでした。

○クロウ
セキュリティになるのは予告で知ってたから特に驚きもしなかったんだけど・・・しっかし制服似合わないなぁおい。
まあ、「デュエルで奴らを拘束せよ!」なんて大真面目に命令するくらいデュエル脳なセキュリティにとっては、BF使いのクロウは即戦力だったんだろうね。
そういえば、「セキュリティは制限カードを無視できる」とかいう、初期の忘れられた設定がいまだ健在だとしたら・・・インチキカードもいい加減にしろ!

○アキさん
かつてミスティ戦で見せた鬼のような形相はどこへやら、ずいぶん印象が変わったね。前髪のドリルがなくなったせい・・・だけじゃないんだろうけど。
で、医学部への進学うんぬんの話はどこから出てきたんだろう。特に伏線とかはなかったはずなのに・・・

○双子2人
年齢的には一番成長してそうなのに、一番成長していない。どこが変わったのか教えてください。
そういえば、彼らの苗字や両親は未だに判明していないけど、最終話でとうとう明かされるのだろうか。
無印・GXのキャラのうちの誰かだろうとはよく言われてきたものの、ぜんぜん関係ない人である可能性も十二分に考えられるよね。

来週こそはリアルタイムで見れたらいいなぁ・・・無理そうだけど。

追記 2年後じゃなくて半年後だったようです。

5D's151話

誰も待ってないだろうけど、帰ってきたよー。
旅先では色々あったけど、とりあえず青森名物味噌カレーミルクラーメンはとんでもない地雷だった。なんだあの異次元の味は。
まぁラーメンはともかく、いつものように5D'sの感想でも綴っていこうか。

前回までに一度も出てこなかったスターダストは、最後の最後に登場して、最高の出番を見せてくれたね。
シグナードラゴン全ての力をもう一度結集させ、23000という破格の攻撃力を叩き出して敵を倒す・・・ベッタベタだけど熱い展開じゃないか。
トドメをさす直前に現れた全キャラの走馬灯(ブルーノを最後に持ってくるあたり、もう・・・)や、ラスボスが残された力を振り絞って世界を救う展開、犠牲になったと思われた主人公が皆のもとに帰ってくるシーン、いつもと演出の違うOP・ED(プラシドとホセの例のシーンまで入れてあるあたり、実にわかっている)など、王道も王道ながら、実に熱い最終回だったよ。
実に熱い・・・最終・・・回・・・って、これ最終回じゃなかったの!?

まぁ、無印・GXのときも、敵方ラスボスを倒したあとにさらなる展開があったし、遊星対ジャックの対決が見られるのだろうか。
そして、次回の話が何年後のものなのかはわからないけれど、ジャックは定職に就くことができたのだろうか・・・え?そこじゃないって?

※ちょっとだけプロフィールページをいじりました

5D's150話

なぜかものすごく遅れました・・・っていつものことか。
ついに出てきた、シグナードラゴン5体でのシンクロモンスター・・・シューティング・クェーサー・ドラゴン!
スターダストを素材にしていないわりには、外見がシューティングスターにそっくり。若干ドラゴンっぽさはなくなったけど、かなりいいデザインだと思うよ。画像がないのが残念でならない。
もちろん、肝心の効果も気になるところ。なんかシューティングスターに関連した効果がネタバレされてるけど、あんまり信憑性ないし、あの効果が弱いとまでは言えないものの、さすがにもう少し強くしてくれると信じてるよ。

長らく楽しませてもらった5D'sも、いよいよ次週が最終回。
最後くらいはリアルタイムで見て・・・と思ったけど、どういうわけか東北への旅行プランが決まってしまったため、例によって木曜〜土曜の更新になりそう。ごめんなさい。

5D's149話

ZONEの正体について前回あんな事言ったけど、裏をかかれたどころじゃなかったよ。
なんとまぁ、遊星そっくりに化けた別人だったなんて・・・これを読めていた人とかいたらすごいわ。

未来のネオ・ドミノシティが崩壊した原因はシンクロモンスターの乱用だの人々の悪しき心だのと説明されていたけど、元をたどればモーメントが悪いような気がしないでもない。
人の心をエネルギー源とする発想とか、どう考えても失敗するのが見えているだろうに。人間なんて、しょせんはいろいろとダメな生き物だからね。にんげんだもの。
まぁ、アニメの設定にいちいち突っ込むなんて、野暮といえば野暮なんだけど・・・。

デュエルの方にも目を向けると、せっかく展開したシグナードラゴンが結局見せ場もなく全員退場・・・って大丈夫なのだろうか。
相手ターンに召喚したエンシェントフェアリーも、あの状況だと壁くらいにしかならなさそうだし。
ともかく、次回予告のキーカードがシンクロチューナーのライフストリーム・ドラゴンになっているあたり、そろそろアレが来るんだろうか。

5D's148話

ゴヨウさんお疲れ様でした
なんだかんだでお世話になっていたカードだし、エクストラのレベル6枠がだいぶさみしいことになっちゃったよ。
ガイアナイトが後釜になれるとはとても思えないし・・・いや、いちおう採用はするけどさ。

時械神の攻撃をくず鉄で止めつつ反撃の糸口をさぐる戦略はたしかに有効だろうけど、ずらずら並べたシグナードラゴンがまるで仕事をしてないよね。BFドラゴンは止められたはずの1000バーンを華麗に無視するし、罠で唯一与えた1500バーンもしょっぱいし。
ドラゴンを次々と場に並べるのはライフストリームからのシンクロの伏線(?)なんだろうけど、ドラゴン全てを並べるにはモンスターカードゾーンが1つ足りないはず。どうするんだろう?

あと、ブラックローズを出すかわりにジャンク・アーチャーを出していればそこで勝っていた・・・かもしれないけど、どうせ手札からのトラップで封じられてしまうような。
いっそDDBを召喚し、全モンスターを射出して4600ダメージ・・・いや、ないか。

で、ZONEの正体は誰もが予測していたとおり未来の遊星だったね。
裏をかいて蟹パパこと不動博士だったりするのかも、とか期待していたけど・・・これはこれで熱いシナリオではあるから、次回以降の展開を楽しみにしておこうか。

5D's147話

アポリアさん、メタイオンの破壊耐性は知っていたのに、どうしてデメリット効果を知らなかったんだろうね。そこ、演出上のお約束とか言わない。
そのアポリアさんが散り際に見せた顔の、なんと安らかだったことか。確率1/34のドローなんて、主人公補正がかかってないと・・・ねぇ。

メインキャラのみなさんがシグナードラゴンを遊星に託す演出は王道ながら熱いものだったけど、スターダストも含めてちゃんと6体とも(パワーツールまで含めれば7体)召喚してくれるのに期待していいのかな。
ライフストリーム・ドラゴンはなにげにチューナーだから、シグナードラゴン複数枚での特殊なシンクロとか出てきたりして。レベルは知らないけど。

あと、遊星とZONEはどういうわけかフライングデュエルをし始めたけど、見ていて酔いそうだからできればやめてほしい・・・。

5D's146話

リアルタイムで視聴できるのは本当に久しぶり。半年ぶりくらいじゃないかな?

今回のアポリア、いやアポリアさんはかっこよかったわー。
ボロボロの身体(というかパーツ?)で立ち上がりつつ、取り戻した希望をZ-ONEを諭す姿が本当にかっこいいわ。

あれほど絶望に打ち拉がれていたアポリアさんをここまで立ち直らせたり、世界の破滅をその勝敗に託したりと、デュエル中心の世界っていろんな意味で凄いなぁ。
そしてそのデュエルだけど、手札からの罠発動・・・くらいでは今更驚かないにしても、Z-ONEのエースカードには注目せざるを得ない。
見た目の不気味さはもちろんのこと、効果がだいぶ凄いことになってる。

実況スレから効果全文のキャプもってきたけど、一応ネタバレにもなるから、久々に「続きから」の機能でも活用しようか。
もっとも、今回のデュエルだけで効果の大半が判明してはいるんだけど・・・。

5D's145話

ブルーノォォォォォォォォォォ!!!

アポリアもシェリーさんも特に消えたりしたわけじゃなかったのに・・・
素粒子レベルまで砕け散るほどに(!?)身を呈してまで遊星に授けたデルタアクセルシンクロだけど、これ変に弱いカードにしたら怒るよ。ほんと怒るよ。
ルアのシグナー覚醒シーンといい、今回の話といい、ほんと涙腺にやさしくないアニメだわ。いやほんと。

・・・5D'sもあと数話で終わっちゃうのかぁ。なんだかさみしいなぁ。

5D's144話

まさかZONEの正体が遊星だったなんて・・・って、けっこう前からみんな知ってたよね。
そのあたりのバックストーリーはおいおい明らかになっていくだろうから、デュエルの方について語ろうか。

新カードのジャンク・バーサーカーには地味に期待していたんだけど、たいした活躍もなくあっさり退場してしまうなんて残念すぎるよ。来るべきZONE戦での切り札として活躍してくれるものとばかり思ってたのに。
OCGでは次のパックに収録されるようで、攻撃力が若干高くなったほか、敵モンスターを弱体化する能力に回数制限がなくなっていたりと、そこそこ便利な性能になったので、そこは素直に喜んでおこうか。「バーサーカー」の名にふさわしい効果とは思えないけど。

ブルーノちゃん・・・じゃなくてアンチノミーのデルタ・アクセルシンクロは格好良かったねぇ。
特にシンクロ召喚の前口上。「リミッター開放、レベルMAX!」とかしびれるわー。
肝心の切り札であるハルバード・キャノンの性能も、魔法・罠への除去耐性がないことを除けば十分な強さだし。

| 1/15PAGES | >>