スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

イベントカード@ガンスリング 2011年4月

インフェルニティ使ってると、どうしてもトリシューラが欲しくなってくるなぁ。
ミスト・ウォームだけでも十分強いし、1killすら容易に狙えるんだけど・・・これだけじゃちょっと満足できない。

  • 地底のアラクネー

    ☆6、2400/1200のシンクロモンスター。
    元々ダークシンクロとして登場しただけあって、素材縛りは闇チューナー+昆虫族非チューナーという厳しめなものになっており、昆虫デッキ以外で召喚するのは困難。
    しかしその分効果は強力で、「相手の表モンスターを1体だけ吸収でき、戦闘破壊の身代わりにできる」というサクリファイスのような能力と、「自身が攻撃するとき、相手の魔法・罠を封じる」というアンティーク・ギアと同じ能力を持つ。
    チューナー側はインフェルニティ・ビートルやゾンビキャリア、非チューナーにはジャイアントワームを使うとシンクロ召喚しやすい。
    地味に強化され続けている昆虫デッキにとっては、デビルドーザーに次ぐ切り札となりうる存在。
    今後の伸び代に期待して、1枚押さえておくというのもアリといえばアリ。


  • 猿魔王ゼーマン

    ☆7、2500/1800のシンクロモンスター。
    相変わらず素材縛りが厳しく、闇チューナー+獣族非チューナーなんて言われても困るよね。
    前述のアンティーク・ギア効果に加え、場か手札のモンスター1体をコストに相手モンスター1体の攻撃を無効にするという効果を持つ。

    素材縛りがきつすぎる上に効果もたいしたものではないので、実戦ではまずお目にかからないカード。
    一応打点はそこそこ高めなので、このカードを自然に召喚できるギミックが登場すればあるいはといったところか。


  • ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン

    ☆8、3000/2500のシンクロモンスター。通称アイドラ、もしくは百目龍。
    上の2体と同じような素材縛りがあり、このカードの場合は闇チューナーに加えて悪魔族非チューナーが必要となる。
    1ターンに1度、墓地の☆6以下の闇属性モンスター1体を除外し、ターン終了時までその効果をコピーできる。
    また、自身が破壊されたとき、デッキから地縛神1体をサーチするというどうでもいい効果もある。

    アニメで鬼柳さんが使っていたこともあって、インフェルニティデッキとの相性が良い。
    wikiにも載っているけど、デーモン+ネクロマンサー+リベンジャーでのシンクロ召喚したのち、墓地のミラージュの効果をコピーしてシンクロ素材の3体を蘇生させるという、いわゆるアイドラループができる。
    やっていることはなんとなく磁石の戦士に近いけれども、いちいちデーモンの特殊召喚をはさむので、墓地のミラージュの数だけ手札が増えていくというのが実においしい。
    ただ、普通のインフェルニティデッキには都合良く墓地にミラージュが複数枚そろっている場面があまり多くないので、スターダストやインフェルニティ・デスドラゴンに出番を取られがち。
    アイドラループに特化・・・とまではいかなくても、ある程度狙いやすい構築にすればすごく強いので、選択肢を広げる意味でも複数枚手に入れておきたい。

  • スポンサーサイト

    -  c.0  t.0

    コメント
    コメントする