スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

5D's153 & 154話

リアルタイムで見られなかったのが本当に残念なくらい、良い最終回だった。

新カードでサポートしながら歴代主力モンスターをぶつけ合い、最後の最後にジャンク・ウォリアーで締めるなんて綺麗じゃないか。
スターダストを取り戻す前のエースカードではあったものの、基本的には2300のバニラとしてかませ犬的な扱いを受け続け、相次ぐ新シンクロに出番を取られていき、あまつさえ高レベルシンクロの踏み台にまでされたジャンクさんが、自身の効果を遺憾なく発揮して(攻撃力5500って何気に自己ベストだよね?)、一番おいしい場面で、他の誰でもないレッド・デーモンズ・ドラゴンを倒して決めてくれたよ。かっこいいよジャンクさん!

デュエル以外にも目を向けると、メインキャラだけでなくサブキャラにもしっかり出番を与えてくれたというのが嬉しいね。
懐かしのサテライト組、ジャックの取り巻きさんたち、出番は少ないものの鬼柳さんやシェリーさん、ボマーさん。そして第1話で戦った牛尾さんを最後に持ってくるという演出がまた素晴らしい。
あと、鉄三じいちゃんが作ったスターダストの銅像が映るシーンが地味に嬉しかったり。

さて、来週だか再来週だかからはもうゼアルが始まるんだね。思えば、3年間なんてなんだかあっという間だったよ。
ゼアルの明るめな世界観・軽めで親しみやすそうなノリに期待しつつ、これまで同様に感想でも書き続けようかな。軽めのノリで。
UMAこと遊馬くんの主力モンスターの名前がことごとくアレなのが気になるけど、まぁそのうち慣れるだろうし。

本音を言えば、「やさしい死神」やその続編シリーズなんかがアニメ化してくたり・・・いや、ないか。まずは書籍化から・・・いや、ないない。
そんなに動く遊戯くん達を見たければ、劇場で満足してくれってか。

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする