ZEXAL第3話感想

今回新しく登場したレギュラーキャラは、ずいぶんと男前な明里さんと、綺麗な羽蛾・・・じゃなくて、トドのつまり委員長君。
特に明里さんは、流石あの遊馬くんのお姉さんというべきか・・・キャラが愉快でいい感じ。かっこいい外見とのギャップがまた痛快。
天然ボケっぷりに拍車がかかってきたアストラルとツッコミ役の遊馬くんも相変わらずだし、ストーリーの方も王道まっしぐらで好感が持てるし、こういう軽くて明るいノリは嫌いじゃないよ。

さて、デュエルの方を無視するわけにもいかないので、少し語ろうか。
OCGの最新パックに入っていたバグマンシリーズ、存在意義が謎だったんだけど・・・こんな所で出てくるとは。
せっかくX、Y、Zを揃えるための特殊召喚効果を持っているのに、召喚の順番がまずいせいでうまく活かしきれていなかったり、全種並べたのにスーパーバグマンが出てこなかったりと、個人的にはちょっぴり残念な演出。
まぁ、意外なことに1話完結ではなかったので、来週にスーパーバグマンの出番があることをひそかに期待しておこうか。

前回、奪ったナンバーズモンスターは消えるかのような書き方をしたけど、どうも普通にカードとして手元に残るようで。実質的にアンティルールみたいなものか。
シャーク君のリバイス・ドラゴンは、何事もなかったかのように遊馬くんが使うことになるのか、それとも・・・。

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする