スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

イベントカード@アルマ 2011年6月

気の早いことに、これさっそく明日からだそうで。

  • ドラゴニック・タクティクス

    漫画GXで万丈目が使った通常魔法。味方のドラゴン2体をリリースすることで、デッキから☆8のドラゴン1体を特殊召喚できる。
    対象モンスターが総じてサーチしづらいということを考慮に入れても、激しいカード消費に対する見返りとしてはちょっと小さい。

  • 平行世界融合

    同じく漫画GXで、十代が使用した通常魔法。
    除外ゾーンから素材を選択してデッキに戻し、E・HEROの融合召喚を行う。
    ただし、ほかに特殊召喚を行ったターンには発動できない。

    王道も王道だけど、ミラクル・フュージョンと組み合わせて使いたい。
    特に、融合や沼地の魔神王まで採用してアブソルートZeroに特化したデッキなどでは、Zeroが3枚では足りなくなることもままあるので、エクストラデッキへと回収できるのは便利。
    ほかにも、ディアボリックガイやエアーマンを再利用できたりするので、可能ならばぜひとも狙っていきたい。

    ただ、除外ゾーンに融合素材を揃えるギミックはほとんどのデッキにおいてミラクル・フュージョンくらいしかなく、相手から奈落の落とし穴・次元幽閉をくらうことを考えても、デッキに採用するのは1枚くらいが無難。特殊召喚制限もあるしね。

  • スターライト・ロード

    アニメ5D'sで遊星が使った通常罠。略称は「スタロ」。
    「味方のカードを複数枚破壊する見込みのあるカード」の発動を無効にして、エクストラデッキからスターダスト・ドラゴン1体を特殊召喚する。
    ただし、正規のシンクロ召喚扱いとはならないので、蘇生制限がかかってしまう。

    大量展開の際のネックである全体除去をかわして、あまつさえさらなるモンスターを展開するという、ダメ押し型のカードといえる。
    大嵐やミラーフォース、激流葬、ブラックローズ、ブラック・ホールあたりがカモとなる。専用デッキならば、裁きの龍やケルビム、ガイザレスにグングニールなんかも。

    メタビートは基本的にモンスター・伏せのどちらに対する全体除去にも弱いので、まさに救世主のようなカード。
    スターダストを特殊召喚する効果を含むため王宮の弾圧との共存は難しいけど、オンラインでは大嵐がまだ現役なことだし、とりあえず1枚くらいは採用しておきたい。
    逆に、腐る場面もそこそこ多いから、いくらパワーカードとはいえ2枚3枚と積むのはちょっと危ないかも。

  • E・HERO Great TORNADO

    攻撃力2800の融合HERO。その名のとおりというべきか、融合素材は「E・HERO+風属性」の組み合わせ。
    融合召喚に成功したとき、相手の表側モンスター全ての攻守を半減させる。

    効果自体もそこそこ便利だけど、エアーマンを融合素材にできる点や超融合の選択肢が増えた点が魅力。
    スターダストやデブリ・ドラゴン、エアーマンなど、風属性モンスターは頻繁に見かけるので、HEROデッキには超融合とセットで1枚投入しておきたい。超融合のメイン投入はちょっと微妙かもだけど。

  • E・HERO The シャイニング

    属性融合HERO、光属性バージョン。
    攻撃力2600に加え、除外されたE・HERO1体につき攻撃力が300上がる。
    また、このカードが破壊されたとき、除外ゾーンからE・HEROを2体まで回収できる。

    超融合の選択肢がまたひとつ増えた・・・というだけでなく、このカード効果自体も非常に優秀。
    ミラクル・フュージョンでエアーマンとアナザーネオスを除外して特殊召喚、シャイニングがやられたらアナザーネオスもろともエアーマンを回収して再利用、という流れができる。
    既存の光デュアルデッキに、ミラクル・フュージョンとともに3枚ずつ放り込むだけで手軽にできるコンボなので、超融合ともども採用すれば実に楽しいことに。
    ただアドバンテージを稼ぎやすいだけでなく、モンスター切れの防止にもつながるというのもポイント。
    強欲で謙虚な壺も近々来ることだし、ただでさえ強い光デュアルがもう大変なことに・・・。

  • Sin 真紅眼の黒竜
  • Sin 青眼の白龍

    劇場版遊戯王でパラドックスが操った、Sinモンスターの第一弾・第二弾。
    自分のデッキから、レッドアイズもしくはブルーアイズをそれぞれ除外することで、手札から特殊召喚できる。
    ただし、場にフィールド魔法がないと自壊してしまうほか、味方モンスターの攻撃を封じてしまう。
    さらに、敵味方問わず、Sinモンスターは場に1体しか存在できない。将来的には、ミラーマッチをすると完全に先攻ゲーに・・・。

    Sinモンスターとしては、のちにメインデッキを圧迫しないSin スターダスト・ドラゴンSin サイバー・エンド・ドラゴンが優先されるため、レッドアイズやブルーアイズが採用されるケースは少ない。


    とりあえずシャイニング3枚とTornado1枚、スタロ1,2枚くらいだけ買っておけば間違いはないよ。
    アルマ恒例のYOCカードは・・・正直全部いらないけど、まぁアサルト・アーマーを1枚買うかどうかといったところ。

  • スポンサーサイト

    -  c.0  t.0

    コメント
    コメントする