スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

イベントカード@エヴォ 2011年8,9月

  • ブルーローズ・ドラゴン


    ☆4、1600/1200のドラゴン族モンスター。
    場から墓地へ送られた時、自分の墓地から植物族もしくはブラック・ローズ・ドラゴンを蘇生できる。
    ロードポイズンと比較すると、効果破壊にも対応している点で大きく勝るけれども、自身が植物サポートに対応していない点でやや劣る。
    基本的にはこちらの方が強力なので、植物中心のデッキを組みたいのであれば、トライアル景品のローズ・ソーサラーとともに採用してみると面白いかもね。
    まぁ、さすがに一線級のデッキには及ぶべくもないし、強烈なシナジーを発揮するというほどでもないんだけど。


  • 死の花-ネクロ・フルール

    ☆1、攻守ともに0ポイントの植物族モンスター。
    カード効果によって破壊された時、ひとつ下のフルール・ド・ソルシエールをデッキから特殊召喚できる。

    相手がこんなステータスのモンスターに対して除去を向けてくれるとは考えにくいので、能動的に破壊する必要がある。
    ブラックホールや激流葬はもちろん、ユベルの要領でリミット・リバースのデメリット効果によって破壊してしまうのも手。
    ただ、手札からは特殊召喚できないというのがネック。ドローしてしまうことのないように、ソルシエールの複数採用は控えておいたほうが無難。


  • 時花の魔女-フルール・ド・ソルシエール

    ☆8,2900/0の魔法使い族モンスター。
    ひとつ上のネクロ・フルールから特殊召喚されるカード。とはいえ、べつに召喚制限はない。
    召喚・特殊召喚に成功した時、相手の墓地からモンスター1体を蘇生する。
    ただし、そのモンスターは直接攻撃できず、ターン終了時に破壊される。

    蘇生効果は強制効果なので、ディメンション・マジック(モンスター破壊)やチェーン2以降の特殊召喚であってもタイミングを逃さない。
    効果自体は強力だけど、特殊召喚の準備、奪ったモンスターを利用するための手段の確保など、デッキ全体を特化しなければ真価を発揮できない。
    より手軽な特殊召喚手段が登場したらともかく、今はシェリーさんのファンデッキのエースモンスターとして活躍させてあげてください。

  • スポンサーサイト

    -  c.0  t.0

    コメント
    コメントする