スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

ZEXAL第13-14話感想

あまりにも遅れたので、2話いっぺんにいこうか。ちょうど前半・後半にわかれた構成だったし。・・・いや、はい、すいません。

13話でようやく登場したフォトン君・・・もといカイト君は、「ナンバーズハンター」ということで、遊馬くんのライバルキャラとして活躍しながら、ナンバーズをある程度まとめて登場させてくれるのね。
どういうわけか時間操作のできるお供のロボットともども、色々と便利なキャラだわ。
デュエルの時だけジャックと似たような服装になるのも、個人的にはポイント高し。本物には及ばないけどね。
同時に、黒幕っぽいキャラクターも何人か出現したことだし、ようやく話が進み始めた・・・というところだろうか。

14話は前回の流れを引き継ぎつつも、デュエルがメインとなる回。
早々に召喚された"銀河眼の光子龍"というのは、ブルーアイズやレモンのポジションにあたる、ライバルキャラのエースカードということでいいのだろうか。エクシーズモンスターではないけれども、いちおう攻撃力3000だし。イラストもなかなかに格好良いし。
ただ、その効果は別にたいしたものじゃないんだよねぇ。召喚コストが重いわりに、バトルフェイズ中だけ相手モンスターともども除外できる、というだけ。異次元からの埋葬とでも組み合わせる?
能力があまりにも微妙なので、カイト君はギャラクシー・ドラゴン自身のスペックというよりかは豊富なサポートカードをうまく活かして戦っていた感じだけど・・・野暮ったいのはわかっているから、あえて言わせてください。そのままエクシーズモンスターで戦っていたほうが絶対に強い。間違いない。

主人公補正(?)でかろうじて魂を奪われずにすんだ遊馬くん、次回は無印時代のエースモンスター相手に修行・・・でいいのかな。
久々にブルーアイズやブラックマジシャンが所狭しと暴れ回るのに期待しつつ、今度はしっかりリアルタイムで見よう。そうしよう。

ZEXAL第12話感想

敵キャラとはいえ、都合良くカードを揃えるために積み込みをするだなんて、アニメキャラとして情けない・・・。歴代主人公は言わずもがな、カイザーなんて何もせずとも初手にサイバーエンド召喚セットが揃うというのに。

新カード、アーマード・エクシーズを活かした今回の演出はなかなかに素敵だった。
タッグデュエルで味方同士の協力プレイを披露しようとすると、露骨なご都合主義カードや、無駄に自分の身を犠牲にする防御カードなんかが出てきちゃうんだけど(5D's終盤でも似たような感じだった)、それを差し引いても、お互いのエースカードが力を合わせてフィニッシャーになるなんて・・・格好いいじゃない?
シャーク君も最後にはちゃんと笑顔を見せてくれたし、これからは遊馬くんのライバルキャラとして心おきなく活躍してくれる・・・のかな。

シャーク君の不正の件だけど、あのケースを咎めるのは正直どうなの?前科持ち(?)の演出としてはなんだか微妙な感じ。
相手プレイヤーのデータに不正アクセスするとか、仲間を通じて準決勝以前のデュエルログをチェックさせる、とかだったらそれっぽくなると思うんだけど。相手がわざとデッキを置いていったようにも解釈できるから、ほんとに微妙だよ。

ZEXAL第11話感想

月曜の放送を逃してしまうと、そのまま週末までもつれ込みがち。うーん・・・。

なんだかんだ言って、シャーク君はただ寂しいだけなんだよね。
不良グループに入り込んだのは、彼の言葉通り自分の居場所が欲しかったからだろうし、ぶつくさ言いつつも遊馬くんとタッグを組んだのは「仲間だ」って言ってくれたから。そう考えるとシャーク君がとたんに可愛く見える不思議。

敵キャラの使用したナンバーズ、ボルガザウルスだっけ?
召喚しづらいランク5なだけあって、ずいぶん強いねぇ。自分にダメージのこない破壊輪みたいな効果が、1ターンごとの回数制限もないだなんて。
もう一人の敵も同じようにランク5エクシーズを使ってくるだろうから、その性能にも期待できそう。

追記:今日のガンスリング、OCG風に組んだBFで8連勝できた。
やっぱり強欲で謙虚な壺があると安定性があがって強くなるわ。まぁまだ2枚しか持ってないんだけど・・・。

ZEXAL第10話感想

久々のシャーク君回。
デュエルをやめたつもりでもしっかりデッキは持ち歩くシャーク君、なんて模範的なデュエリストなんだ。・・・いや、あの世界観だと普通か。デュエル脳だらけだしね。
遊馬くんから逃げるときにもアクロバティックな動きで軽々と飛び回っていたけど、これも一流デュエリストなら珍しいことでもないよね。雑魚キャラのグールズでさえやってたくらいだし。

ナンバーズ封印で勝利宣言した遊馬くん、なんだかんだ言って使っちゃったね。出さざるを得ない状況だったとはいえ、エクシーズなしでどう工夫して戦うのか楽しみだっただけに、ちょっとガッカリかも。
まぁその分、来週には主人公・ライバルのタッグデュエルという盛り上がる展開が待っているようだから、今から期待して待っておこうか。

ZEXAL第9話感想

遊戯王で猫というと、サモプリサモプリ猫ベルンベルンの悪夢が・・・いや、なんでもないです。

それはともかく、今回登場したキャットちゃんは・・・なんというか、ちょっとしたヤンデレキャラ?こっちはべつに悪夢というほどでもないけど。
厳密には違うとか言われてもよくわからないけど、少なくともかつてのユベルよりかは話が通じると思うよ。え?やっぱり違う?

さりげなく遊馬くんの取り合いをする小鳥ちゃんとキャットちゃんがなんだかマセすぎな気がしないでもないけど、そこは遊馬くんがアレすぎてうまいこと中和されてる感じ。歴代主人公よろしく、三度の飯よりなによりデュエル、だしねぇ。まぁ中学生でもあるし。

前置きはこのくらいにして、今日の見所はやっぱりトラゴンちゃんだよね。その能力を存分に発揮しただけでなく、なんと自身までアタッカーと化して大活躍!トラゴン最高!
・・・って、最近このブログ、トラゴン脳に占められつつあるなぁ。まぁ可愛いし。今後の活躍にも期待できそうだし。可愛いし。おわり

ZEXAL第8話感想

おせーよ、ホセ!・・・いや、ほんとすいません。はい。

話の流れ自体はオーソドックスなもので、1ストーリー2話構成のZEXALの後編ということで改心+ハッピーエンド。
そんなことより、次週はあのベビートラゴンちゃんが再登場するようで。やったね!
能力・召喚条件のどちらをとっても使いづらいトラゴンちゃんだけど、しっかり出番があるというのは嬉しいね。
シャーク君も久々に顔見せしたけど、トラゴンちゃんの前では霞んで見えるね。明日はリアルタイムでしっかり観ないと。

・・・で、唐突に実装された、あの"コレクションパック"ってなんなのさ。
今の実装ペースじゃ到底OCGに追いつかないと踏んで登場させたんだろうけど、新規登録キャンペーンの期間中にやってもよかったんじゃない?
イベントにまわす分のカードもだいぶ限られてきたし、この先どうなるのかね。

イベントカード@アルマ 2011年6月

気の早いことに、これさっそく明日からだそうで。

  • ドラゴニック・タクティクス

    漫画GXで万丈目が使った通常魔法。味方のドラゴン2体をリリースすることで、デッキから☆8のドラゴン1体を特殊召喚できる。
    対象モンスターが総じてサーチしづらいということを考慮に入れても、激しいカード消費に対する見返りとしてはちょっと小さい。

  • 平行世界融合

    同じく漫画GXで、十代が使用した通常魔法。
    除外ゾーンから素材を選択してデッキに戻し、E・HEROの融合召喚を行う。
    ただし、ほかに特殊召喚を行ったターンには発動できない。

    王道も王道だけど、ミラクル・フュージョンと組み合わせて使いたい。
    特に、融合や沼地の魔神王まで採用してアブソルートZeroに特化したデッキなどでは、Zeroが3枚では足りなくなることもままあるので、エクストラデッキへと回収できるのは便利。
    ほかにも、ディアボリックガイやエアーマンを再利用できたりするので、可能ならばぜひとも狙っていきたい。

    ただ、除外ゾーンに融合素材を揃えるギミックはほとんどのデッキにおいてミラクル・フュージョンくらいしかなく、相手から奈落の落とし穴・次元幽閉をくらうことを考えても、デッキに採用するのは1枚くらいが無難。特殊召喚制限もあるしね。

  • スターライト・ロード

    アニメ5D'sで遊星が使った通常罠。略称は「スタロ」。
    「味方のカードを複数枚破壊する見込みのあるカード」の発動を無効にして、エクストラデッキからスターダスト・ドラゴン1体を特殊召喚する。
    ただし、正規のシンクロ召喚扱いとはならないので、蘇生制限がかかってしまう。

    大量展開の際のネックである全体除去をかわして、あまつさえさらなるモンスターを展開するという、ダメ押し型のカードといえる。
    大嵐やミラーフォース、激流葬、ブラックローズ、ブラック・ホールあたりがカモとなる。専用デッキならば、裁きの龍やケルビム、ガイザレスにグングニールなんかも。

    メタビートは基本的にモンスター・伏せのどちらに対する全体除去にも弱いので、まさに救世主のようなカード。
    スターダストを特殊召喚する効果を含むため王宮の弾圧との共存は難しいけど、オンラインでは大嵐がまだ現役なことだし、とりあえず1枚くらいは採用しておきたい。
    逆に、腐る場面もそこそこ多いから、いくらパワーカードとはいえ2枚3枚と積むのはちょっと危ないかも。

  • E・HERO Great TORNADO

    攻撃力2800の融合HERO。その名のとおりというべきか、融合素材は「E・HERO+風属性」の組み合わせ。
    融合召喚に成功したとき、相手の表側モンスター全ての攻守を半減させる。

    効果自体もそこそこ便利だけど、エアーマンを融合素材にできる点や超融合の選択肢が増えた点が魅力。
    スターダストやデブリ・ドラゴン、エアーマンなど、風属性モンスターは頻繁に見かけるので、HEROデッキには超融合とセットで1枚投入しておきたい。超融合のメイン投入はちょっと微妙かもだけど。

  • E・HERO The シャイニング

    属性融合HERO、光属性バージョン。
    攻撃力2600に加え、除外されたE・HERO1体につき攻撃力が300上がる。
    また、このカードが破壊されたとき、除外ゾーンからE・HEROを2体まで回収できる。

    超融合の選択肢がまたひとつ増えた・・・というだけでなく、このカード効果自体も非常に優秀。
    ミラクル・フュージョンでエアーマンとアナザーネオスを除外して特殊召喚、シャイニングがやられたらアナザーネオスもろともエアーマンを回収して再利用、という流れができる。
    既存の光デュアルデッキに、ミラクル・フュージョンとともに3枚ずつ放り込むだけで手軽にできるコンボなので、超融合ともども採用すれば実に楽しいことに。
    ただアドバンテージを稼ぎやすいだけでなく、モンスター切れの防止にもつながるというのもポイント。
    強欲で謙虚な壺も近々来ることだし、ただでさえ強い光デュアルがもう大変なことに・・・。

  • Sin 真紅眼の黒竜
  • Sin 青眼の白龍

    劇場版遊戯王でパラドックスが操った、Sinモンスターの第一弾・第二弾。
    自分のデッキから、レッドアイズもしくはブルーアイズをそれぞれ除外することで、手札から特殊召喚できる。
    ただし、場にフィールド魔法がないと自壊してしまうほか、味方モンスターの攻撃を封じてしまう。
    さらに、敵味方問わず、Sinモンスターは場に1体しか存在できない。将来的には、ミラーマッチをすると完全に先攻ゲーに・・・。

    Sinモンスターとしては、のちにメインデッキを圧迫しないSin スターダスト・ドラゴンSin サイバー・エンド・ドラゴンが優先されるため、レッドアイズやブルーアイズが採用されるケースは少ない。


    とりあえずシャイニング3枚とTornado1枚、スタロ1,2枚くらいだけ買っておけば間違いはないよ。
    アルマ恒例のYOCカードは・・・正直全部いらないけど、まぁアサルト・アーマーを1枚買うかどうかといったところ。

  • ZEXAL第7話感想

    こんばんは、今日もベビートラゴンが可愛いね・・・じゃなくて。いや、そもそも出てこなかったし。

    相変わらずの天然ボケを炸裂させながら、すっかりテレビ番組にハマるアストラル。
    どのくらいハマったかって、デュエル中にろくに解説をせずアニメの設定について語り出すくらいに。貫通効果についてちょっと触れたくらいだったか。
    それに突っ込む遊馬くんも遊馬くんで、フィクションくらい言えるようになりましょう。アストラルまで間違って覚えてしまっているというのがなんだか微笑ましい。

    ストーリーとしては、本当に味方が必要なのが正義の味方自身だったという、ちょっぴり皮肉な話。
    デュエル自体にもそのヒーロー絡みのカードが続々と登場しており、遊馬くんにデュエルで打ち倒されることでその呪縛から解き放たれる・・・んだよね。普通はそうだ。

    そういえば、今日電車の中で軽く足を踏まれたけど、あれは暗黒帝王なんとかマックスの仕業だったに違いない。うん、きっとそうだ。

    イベントカード@エヴォ 2011年5月

    すっかり忘れていたエヴォ編。

  • 強制終了

    場のカード1枚(ただし、"強制終了"自身は除く)を墓地へ送ることで、そのターンのバトルフェイズを終了させる、という永続罠。
    一見アドバンテージを損なう非効率的な防御トラップに見えるかもしれないけど、このカードの真価が発揮されるのは懐かしのサクリファイスと組み合わせたとき。
    装備したカードをコストに攻撃を防ぎ(モンスター複数での攻撃も防げるので、サクリファイスの弱点の補完にも)、また新たにモンスターを吸収できるという、バツグンの相性を誇る。
    それだけでなく、自分のターンのバトルフェイズにも使えるので、相手が裏守備で凌いでこようがお構いなしに吸収効果を発動できるという点がまた強い。

    儀式魔人リリーサー、儀式の準備、リミット・リバースなどなど、地味に相性の良いカードが増えてきているサクリファイスデッキ。
    ガンスリングや世界大会で使えるほどのデッキではないものの、なかなか嫌らしい動きをする楽しいデッキなので、お好きな方はこの機会にぜひ。


  • ジャンク・ブレーダー

    ☆4、1800/1000の戦士族。
    墓地の"ジャンク"モンスターを除外すると、エンドフェイズまでその枚数×400ポイント分攻撃力が上がる。
    ジャンクモンスターの大半はシンクロモンスターで、それ以外のカードもオンラインではほぼ未実装。
    OCGのカードプールを含めても数が多いとは言えないけど、もう少し種類が増えれば、墓地肥やしのギミックを組み込んで活躍させられる・・・かも。あんまり期待はできない。


  • ライトニング・ウォリアー

    ☆7、2400/1200のシンクロモンスター。初期に登場したわけでもないにも関わらず、素材縛りはない。
    相手モンスターを倒したとき、相手の手札1枚につき300ダメージを与える。

    ☆7枠がブラックローズだけでは足りないときには、もしかしたらお呼びがかかるかも。少なくともサイコ・ヘルストランサーよりは前向きな効果だし。
    ただ正直、ウルベルムで事足りるような気もするんだけど・・・。
    さらに、オンラインでの実装がいつになるかわからないとはいえ、☆7の汎用シンクロにはそのうち攻撃力2700のアタッカーも登場するんだよね。


    次のパックに優秀なカードが色々と入っているから、今回のイベントカードはたぶん買い控えしそう。
    サクリファイスは個人的に大好きなんだけどねぇ・・・。

  • ZEXAL第6話感想

    ベビートラゴンのあまりの可愛さに、あやうく内容を全部忘れてしまうところだった。
    ・・・いや、ちゃんと覚えてるから怒らないでー。

    ベビートラゴンはてっきり強烈な隠れ効果を持っているとばかり思っていたんだけど、☆1モンスターをダイレクトアタッカーにするというだけのガッカリカードなのね。可愛いけど。
    やっている事自体は光学迷彩アーマーと同じだし、必要なエクシーズ素材が3体でなく2体だったとしても微妙だよ。可愛いけど。
    なんだかんだで遊馬くんのエクストラデッキに加わったみたいだけど、ややハードな召喚条件とそのピンポイントな効果から、デュエルでの活躍には期待できないかも。可愛いけど。
    ただ、今回のデュエル中に見られた遊馬くんの言葉に反応しての仕草が、なんとなくかつてのクリボーやハネクリボーを彷彿とさせる。名前は全然違うけど、クリボンに続くマスコットキャラになるかも。いやほら可愛いから。

    ・・・いかん、結局ベビートラゴンのことしか書けなかった。だって可愛いし・・・。

    << | 2/83PAGES | >>